f:id:moshi1121:20170306144202p:plain

以前に敵の動きをAnimationを使用して作成しましたが、いろいろと不都合があるのでは?と思ったので、見直して作り直すことにしました。

不都合一覧

  • 弾を発射するタイミングが計りにくい
  • 移動場所の指定がしにくい

などです。特に問題なのが、移動場所の指定がしにくいということ。敵ごとに移動場所を指定してあげたいので、一つ一つAnimationをいじるのはちょっと面倒かなと。

そこで、コルーチンを使用することにしました。

参考にしたサイトさまはこちら

izmiz.hateblo.jp

tsubakit1.hateblo.jp

コルーチンは、時間によって挙動を変えることができます。2秒経過したら弾を撃つなどです。

 

今回したいのは、

①開始位置から中継位置まで移動

②中継位置で弾の発射

③弾を発射したら目的地まで移動

以上の動きを実装してみます。

 

最初に、敵キャラクターの動きを制御するクラスを作っておきます。

private IEnumerator move1(Vector3 first_pos,Vector3 second_pos,Vector3 last_pos) {

 

    }
}

 コルーチンを使用するためには、戻り値にIEnumeratorを指定します。

引数には、first_pos=開始位置 second_pos=中継位置 last_pos=目的地としました。

開始位置から中継位置まで移動し、中継位置に到達したら弾を発射させます。つまり、中継位置に到達したかを判断しなければなりません。下のコードを追加しました。

float progress_rate = 0f;

while(Vector3.Distance(transform.position,second_pos) > 0.1f)

{
transform.position = Vector3.Lerp(first_pos, second_pos, progress_rate += Time.deltaTime);
yield return null;
}

 ちょっと見にくくて申し訳ないです。

移動にはVector3.Lerpを使用しました。第1引数から第2引数まで移動を、第3引数の0~1までの移動量で制御してくれます。

第1引数の位置が0%、第2引数の位置が100%で、2点を結んだ移動の割合を第3引数で指定してあげる。と言ったほうがわかりやすいでしょうか?

 

この第三引数は徐々に値を大きくしてあげなくてはいけないので、float progress_rate = 0f;で値を格納しておいて、Time.deltaTimeで徐々に値を増やしていくことにしました。

 

yield return null;は、次のフレームまで動くな。という指示です。

 

肝心の、中継位置に到達したかの判断は、while(Vector3.Distance(transform.position,second_pos) > 0.1f)で行っています。

Vector3.Distanceは第1引数と第2引数の距離を返してくれます。

第一引数には現在位置を、第2引数には中継点を指定します。すると、中継点までの残距離が出ます。

中継点までの残距離が0.1以上の間はループ。という処理を行います。

 

上記を部分のまとめると、

①現在位置と中継位置の距離を評価。距離が0.1以上ならループへ

②位置をLerpでTime.deltaTimeの分接近させる

③yield return nullで次のフレームまで待つ

④次のフレームが来たら①へ戻る

現在位置と中継位置の距離が0.1未満ならループを脱出

 

という流れになります。このつぎには

yield return new WaitForSeconds(0.3f);
StartCoroutine(GenerateBulletLoop(1));

 というコードを追加しました。WaitForSeconds(t)はt秒待て。という処理になります。

GenerateBulletLoop(1)は自作関数(?)です。弾を撃たせています。

移動が終わって、0.3秒待ったら弾を撃てという処理です。

 

progress_rate = 0;
while(Vector3.Distance(transform.position,last_pos) > 0.1f)

{
transform.position = Vector3.Lerp(second_pos, last_pos, progress_rate += Time.deltaTime);
yield return null;
}

その次に、progress_rate = 0;で移動量を初期化してから先ほどと同じ処理をしました。

同じ処理=関数にできそうですね。今後の検討材料です。

 

とりあえずここで終了です。最後に、実際の動きを確認したいと思います。

 


敵の移動方法の修正

弾が撃ちっぱなしですが、悪くないのではないでしょうか。シューティングゲームの欠片が見えた気がします。

ガソリン高騰

2018/01/07

ニュースで8月からガソリンが再び値上がりするというのが出ていたので、昨夜は会社から帰ったあとに近くの安いガソリンスタンドへ入れにいった。

月曜日に西湖へいったので、結構ガソリンが減っていた。

満タン入れると39.5L。

金額は7110円。

おう、痛い。


これが今月からはさらに値上がりか。orz


ちなみに上記金額はリッター180円。

今月から約6円ほど値上がりだから、186円と見積もって7347円。


ちなみにちなみに、暫定税率を加える前に一瞬あった天国のようなリッター130円のときだと5135円。


さらにさらに、学生だったとき、レギュラー85円だった時代だとハイオクが95円と見積もって3752円。

倍以上かよ、おぃ。。

そりゃ家計圧迫するわ。

前回の記事で新しく追加されたコントロール「Barcord Scanner」を紹介したんですが、このコントロールがXrm.Utilityから実行できるようになっていたので、試してみました。

Xrm.Utility (クライアント側の参照) getBarcodeValue

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj602956.aspx#BKMK_getBarcodeValue

getBarcodeValueメソッドについて

ただ、解説のしようも無いくらい、シンプルなメソッドです。

MSDNを見れば一目瞭然ですが、Xrm.Utility.getBarcodeValue()にSuccessCallbackとErrorCallbackを渡すだけです。

Xrm.Utility.getBarcodeValue().then(successCallback, errorCallback)

successCallbackのパラメータに、読み取ったバーコードの値が渡ってくるので、それをあとは好きにしてください、というものですね。

サンプルコード

とりあえず、Onloadイベントに仕込んでみました。

ただ、やっぱりCreateFormのときには、実行されません。

(できればMSDNに書いておいてほしいですね・・・・・・。)

動作のキャプチャは、前の記事と全く変わらないので割愛です。

できればボタンを押したときとかに実行できるようにしないといけないですね。

http://instagram.com/p/jWAZTFG7LJ/

ひさびさに、バターと砂糖がたっぷり入ってるパウンドケーキを作ってみた。バターとドライフルーツのいい香り♡ ブランデーを打ってしばらく休ませます。

Snap-21

2018/01/06

f:id:moriburan:20141223155406j:plain

Leica M3, Summicron 50mm f/2, tri-X

Ankerの大容量モバイルバッテリーが良い、という記事を読んだ。
www.gurinovation.com
まさしくこの機種Anker PowerCore 20100を購入して使っていたので悪くない製品だということは知っているのだが、購入して1年ちょっと経った今、へたってしまってただ大きくて重い物体になってしまっている。

安価なので買い替えてもいいのだが、トランジスタ技術2017年1月号に気になる記事が載っている。
トランジスタ技術 2017年 1月号

151~157ページ、大塚康二さんの書かれた全力実験!No.1モバイルバッテリを探せ!の中で、いくつかのバッテリーの寿命テストとランキングが紹介されている。
詳細は載せられないが、ここで一番だったのは全然知らない中華メーカーRockの製品で、サイクル寿命が長いことが絶賛されていた。

Rock Type-C対応モバイルバッテリー 5000mAh Huawei P9 P9 lite, Nexus 5x 6p対応 (メタリック)

Rock Type-C対応モバイルバッテリー 5000mAh Huawei P9 P9 lite, Nexus 5x 6p対応 (メタリック)

  • 出版社/メーカー: RENQING TECHNOLOGY CO., LTD
  • メディア: エレクトロニクス
  • この商品を含むブログを見る
2位はソニーのCP-10A、3位はAnker5。

何が言いたいのかというと、
リチウムイオン電池の性能は日本製が一番!やアメリカが強い!などと思い込んでいると、電池は電子機器の基幹部品なので、あっという間に中国に置いて行かれて没落してしまう危機にあるのではないかということ。

更新再開

2018/01/06

お久しぶりです。

球屋に行けない縛りが一時的に解消されたので、仕事次第ではあるのですが、3月いっぱいまではそれなりに更新できそうです。

そこから先は流れでお願いしますといった感じなのですが、秋まではぼちぼち撞けるのかな、と思っています。

 

と、いうわけで、3週間ぶりに球を撞いてきました。

近所のお店です。

 

この3週間、素振りをする設備の導入がなかなか進まなかったため、アドレス練習はしていたものの素振りを2日やっただけでした。

キューを振ること自体が結構久々。

素振りについてですが、全身鏡がないと効率悪いことがわかったので早く導入したいところです。

 

3週間ぶりの球、アドレス練習、素振りで気付いたこと、を取り入れて撞いてみたのですが、最初は何も入らなかったです。

全部右にずれる。

素振りで鏡がなかった弊害です。

筒に向かって真っ直ぐ撞けていたのですが、そもそもの向きがずれている疑惑。

 

このずれの修正をセンターショットでやってみたら、ぼちぼち入るようになりました。

弱め、普通くらいの力加減で撞くのは問題ないのですが、それ以上の強さで撞こうとするのが怖くてできず。

回数を重ねて慣れていきます。

 

ブレイクは、威力落ちてました。

これも練習を重ねて、まずは気持ちよくブレイクする感触を思い出したいところ。

 

それなりに入るようになったので、5個取りきり練習。

今回の配置はこれ。

 

f:id:fumy_billiard:20160218011401j:image

 
5番から6番は、手球をセンター付近に出せばいいな、と思いました。
引きよりも捻りの感じで撞こう、と意識。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011408j:image
 
ちょっと引けが強く入りました。
6番からはサイドを越えるようにするぞ、と思い撞く。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011413j:image
 
7番激厚。
ここで、6番から7番でどこに出すのか、どこまでがセーフでどこからがNGなのか、という意識が一切なかったことに気付きました。
最初だけ考えて、2球目は考え忘れる、というこの練習を始める前までずっと癖づいてた悪癖がもろに出た模様。
3週間撞かなかったことでビリヤード脳が悪くなってしまったようです。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011426j:image
 
場当たり的に、押し倒してリカバーしようとしたもののそんなにキレが出るわけがなく終了。
 
改めて考え直し、6番は薄めよりは厚めにした方がした方がいいな、と思いました。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011439j:image
 
ちゃんとセンターに近づければいい感じ。
で、こうなった上で7番にどう出すのか、と考えました。
捻りよりは引きだよな、と。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011453j:image
 
強過ぎてまた激厚の逆振りに。
ただ、これは引きでリカバーできました。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011503j:image
 
弱すぎると引きと相まって手球が死んじゃってこれ。
これは、イレが若干面倒だけど、ちゃんと入れられればちゃんと出る感じ。
サイドちょい越えくらいが理想なのか、な?
この6番~8番は、もうちょっと検証したいところ。
 
で、8番から9番。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011512j:image
 
こんな感じからどう出すのか、というのでサイド越えて0.5ポイントくらいのところにクッション入れたいところです。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011524j:image
 
ひねり過ぎのミス。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011531j:image
 
やっぱりひねり過ぎだし、加減がぐずぐず。
この日は、結局上手くいかずでしたが、更新停止するちょい前にこれを検証した記憶があるので、自分のブログをちゃんと読もうと思いました。
 
一人ならぼちぼち入るぞ、と思ったので、最後にブラッドさんと相撞き。
流しで撞いてもらったのですが、4ラックサクッと取られて終了でした。
 
私自身、相性が悪いとは一切思っていないしのびのび撞けているのですが、それ以上にブラッドさんに相性がいいと思われている疑惑。
昨年末から今日までで確信しましたが、私とやってるときのブラッドさん強すぎワロタです。
 
で、自分自身を振り返ると、ブランクの影響か力加減のイメージが非常に悪い。
例えば、この配置。
 
f:id:fumy_billiard:20160218011536j:image
 
(8番と9番がちょっと適当です)
真横気味に手球を転がせばいい配置。
あんまり近付きすぎると撞き辛の可能性もあるし、センター付近くらいでOKと思ったのですが、
 
f:id:fumy_billiard:20160218011541j:image
 
イメージよりもかなりショート。
7番はちゃんと入れられましたが、こういうのの加減についてイメージと実際がかなり乖離しているので、早く感覚を取り戻したいな、と思いました。
あと、逆押しが怖すぎて一切撞く気にならなかったので、次回練習時にも取り組みたいところです。
 
3週間ぶりでしたが、手球と的球が当たる音、ポケットに入る音がとても心地よいし、ちゃんと入れられたり出せたりすると楽しいしで、やっぱビリヤードが楽しさ最強だな、と頭の悪いことを思っていました。
あと、この3週間でやったアドレス練習の結果、キューの振りがちょっと真っ直ぐになったらしく、芯を撞いたときに衝撃がキューにきてるのを久々に感じられたので、この感じを継続しつつ、アドレス、フォームの精度を上げていきたいです。
また頑張ります。
 
5個取りきりメモ
×××××○○▲×○×××○○××○×××▲×(6/23)

昨日、某古本屋(ブックオフじゃないよ)で中古CD棚を掘ってたら、ブーンという羽音が近づいてきて、なんぞ!?と振り返った瞬間、ソレは俺の唇に激突した。痛い。

直感的にデカいゴキブリか!?と思いゾワッとしたけど、確認してみると、それはそれはカッコ良いノコギリクワガタ*1でした。季節的に羽化したてのバリバリの若手…かどうかは知らんけど、すごく元気な個体でした。店内の蛍光灯に引き寄せられたんだろうね。

そいつは体ごとで俺にキスしたのち派手に落下したが、また すぐさま飛翔。文庫コーナーの方に飛んで行ってしまった。デカいハサミが重そうな飛び姿である。非常に不安定。ふらふらである。なにせハサミが重そう。そりゃあ羽音もデカいわな。 暫くして、壁に激突、再び落下。

ここで俺はディグを中断し、そのクワガタの捕獲を決意。家に持って帰って2人の息子(5さい&3さい)をビビらせてやろうという魂胆である。 

んがしかし、腰痛持ちのおっさんに捕まえられる代物ではなかった。クワガタは不安定でふらふらな飛行ではあるが、不安定でふらふらなのは俺も同じだ(人生において)。そこは五分だ。  しかし何度も言うが、相手は羽化したてのバリバリの若手である。すげー元気。夜中に原付で走り回るヤンキーの如しだ。近づくとすぐに飛んで逃げやがる。「クワガタってこんにブンブン飛ぶもんだっけ!?」と思った。

それでも俺は諦めずにずっとクワガタを追いかけ回した。他の客の目をそれなりに気にしながら。

その店のその日の防犯カメラには飛び回るノコギリクワガタを早歩きで追いかけ回すCorruptedのTシャツを着た髭面のおっさんの姿が20分間にわたって録画されている事であろう…。もはやオカルトである。

 

そして20分の追跡劇の結果、見事、捕獲に失敗した。

逃げられた。てゆーか見失った。

------------------------------------------------

「激音夜話」で紹介されていた『Life.Love.Regret』というエッセイが面白かった。

LIFE.LOVE.REGRET

LIFE.LOVE.REGRET

  • 作者: hell‐guchi
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2016/04/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 活字を長く追えない集中力のない俺が、まさかの一気読みしてしまった。

余談だが、これと同時に買った某書2冊がクソつまらなかった。そっちは友達の誕生日プレゼントなんかに回そうと思う。

------------------------------------------------

 うちの近所を放火しまくってた54さいぐらいのオバハンが逮捕された。死ねクズ。

*1:ノコギリクワガタ(鋸鍬形 Prosopocoilus inclinatus)は、コウチュウ目・クワガタムシ科・ノコギリクワガタ属の1種で、5亜種に分類されている。日本国内に広く生息している代表的なクワガタムシである。オスの大顎の内側に鋸のように歯が数多く並んでいることから名付けられた。また、種小名のinclinatusは「傾斜の」という意味であり、大顎の形に由来している。個体数も比較的多く、人々によく親しまれている種である。

おはようございます。

今朝は「朝もや」がかかり、しっとりとした朝です。

日中は、陽が射したり・晴れ間が覗いたり

外の仕事をするには暑すぎず、まぁ良い天気でしょう。

さて天体の撮影ですが、私が住む所では「東」の空が最も暗い(光害がない)ので

理想は、天体がそちらの空にある時に写したいと思っています。

そうすると写す天体の旬は、常に季節を先取することに

春には「夏」、夏には「秋」と一歩づつ前を・・

今は「夏」の天体が旬になりつつあります。

f:id:nyancotan:20140502060357j:plain

              M107(へびつかい座 球状星団)04月08日03時02分 直焦点撮影

       DOB GOTO12(30cm反射経緯台 ISO3200 10秒 11枚合成 PENTAX K-01)

※ 昔(中学生の頃まで)はもっと暗かった空、最近は街灯が規則正しく配置され、近

  くの工業団地、遠くは「札幌(眠らぬ街)」の灯り・・明るくなりました。

  と言ってもまだ暗い方なので贅沢はいえませんね。この M107 以前もUPしてるので

  すが、流石に旬の前に撮ったもので・・、最近は「旬」を大切に撮っています。

サカナクション。
おもしろいPV。
いい曲。


ネイティブダンサーのハラカミさんRimixもなかなか。

アルクアラウンド(初回限定盤)

アルクアラウンド(初回限定盤)

  • アーティスト: サカナクション
  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2010/01/13
  • メディア: CD
  • 購入: 8人 クリック: 109回
  • この商品を含むブログ (90件) を見る